営業代行でしっかりとしたビジネスパートナーに


営業代行の目的を明確にする

営業代行は、営業マンが不足している時や自社ではなかなか行うことができない営業行為などを依頼するときに活躍します。そのため、自社のスタッフと同じように扱うことが基本になります。そのために必要な事は、目的を明確にすることと言えるでしょう。パートナーと言えるためには、営業代行の会社と依頼する側の会社の足並みが揃っていなければ意味がありません。そのため、意思疎通をしっかり行い1つの目標に向かって走ることが重要でしょう。目標は、営業代行の会社にも明確にわかるような形で表現する必要があります。社内だけで通用するような言葉を使うのではなく、一般的に利用されている言葉や用語を使うことで共通の意思を図ることが可能になります。

報酬はどの形が良いか

営業代行を依頼する場合には、当然報酬を払う必要があります。報酬の支払いの場合には、大きく分けてビジネスパートナーに対し固定報酬を設定するのかそれとも成果報酬にするのかを決めなければなりません。特にこの2つの使い分けが明確にあるわけではありませんが、一般的に自分の会社で行うことができない場合には、固定報酬にした方が良いでしょう。もちろん成果を出してもらうことも必要になりますが、それ以上に1つの部門として全体の歯車がまわるように行ってもらうためです。これに対して、自社のスタッフでもできるけどもスタッフが不足している場合に関しては成果報酬型を採用した方が良いこともあります。いずれにしても、よりしっかりとした結果の出る方法を採用するのが1番になります。

営業職員の少ない、もしくは足らない会社は、飛び込み営業やDM広告の作成や発送、マーケティングも代理で受け持ってくれる営業代行というサービスの利用が便利です。