プライバシーの権利は時代にあう様に進化している!


情報管理者は情報を適切に扱う責任がある!

プライバシーの権利は、他の人に知られたくない情報を公開されない権利だと言えるでしょう。今の時代はさらに、自己の情報を持つ人に対して情報を削除して貰ったり訂正して貰ったりする権利も含まれるとされます。背景には、インターネット社会の影響があるでしょう。個人が簡単に情報発信することができるので、プライバシーの権利の中身を広く考える必要があると言えます。

たとえばインターネットの虚偽投稿について、掲示板サービスを提供している会社に情報の削除命令と慰謝料15万円の支払いを命じる判決が裁判所から出された事実があります。今情報を提供している会社は数多くありますが、情報の管理体制をきちんとしていないと、後から大変な事態になることも考えられます。

場合によっては訴訟により多額のお金を用意することも

訴訟を行うのは一般人でも普通に行えて、訴訟の内容や訴額なども自分の思った通りに決められます。訴訟の中ではスクラップ訴訟と言われるのがあり、訴訟制度を悪用して人に迷惑をかけることができます。たとえば、訴額10億円の訴訟を提起された場合に弁護士に依頼した場合、着手金と成功報酬の%を支払うことになります。訴訟に対応するために、1千万円以上のお金を用意する必要が出てくることも考えられます。

そういったことがない様に、相手からいいがかりをつけられない様にしておくのがベストです。情報コンサルタントや弁護士などと相談するいいでしょう。訴え自体に違法性が認められる場合、不当提訴として相手に法的責任を追及することができます。相手もそのことがあるので、きちんとしている会社には、根拠のないことは言いにくくなるでしょう。

機密文書は、会社では一般文書と区別される重要書類がこれにあたり、特に秘密保持が必要とされる文書です。また国などの行政機関にも存在し、国では特定秘密保護法を制定して、これに該当する文書は公開されません。