引越しでスムーズに片付けするためのポイントとは?


まずは処分する物を決めておく

引越しで最も大変な事と言えば、荷物の片付けです。長年住み続けた住居で荷物の量が多ければ多いほど、片付けは大変になると考えて良いでしょう。そんな片付けを出来るだけスムーズに進めるための第一のポイントは、処分する物と、引越し先に持っていく物を分別することです。運ぶ荷物が少なくなれば、その分引越しも楽になりますし、引越し料金も安くなる可能性が高まります。また処分する物の中には、リサイクルショップやネットオークションなどで売れるものがあるかもしれません。したがって、可能な限り早い段階で荷物を分別し、不要なものを処分することが大切です。

引越しが決まった時点で片付けを始める

引越しの失敗事例で多く見受けられるのが、引越し日までに荷物の片付けが終わらない事です。荷物がまとまっていない場合、引越し業者や手伝いに来てくれた知人に迷惑をかけてしまいます。このようなトラブルを防ぐためには、早めに引越し荷物の片付けを始めることが重要です。可能であれば引越しが決まった時点から、少しずつ荷物を整理しておきましょう。荷物を片付ける時は、使用頻度に低い物から梱包するのが良いです。そして梱包した荷物は、邪魔にならない部屋の隅に積んでおきます。ここで注意すべきなのが、引越し日までに使う可能性がある物は、梱包しない事です。荷物整理が進めば進むほど、後で取り出すのが大変になってしまいます。

お風呂やキッチンの清掃は早めに行う

賃貸物件から引越しする場合、部屋の清掃もしっかり行う必要があります。清掃で特に大変な場所と言えば、お風呂やキッチンですね。頑固な汚れがこびりついて清掃に時間がかかるケースもあるので、出来るだけ早めに済ませておきましょう。

不用品の回収を無料で行うといい、処分費として多額の費用を請求する悪質な業者がいるので注意が必要です。