社員研修のポイント!時間内に学べるようにカリキュラムを組む!


ポイントを絞ることが重要

社員研修では決まった時間しか講義ができません。そのため、講義の内容を絞り込むことが大切です。内容を1つか2つ程度にすると、受講者が飲み込みやすいでしょう。また、ポイントを絞るときには、具体的に何が獲得できるかを明確にすることが重要です。例えば、一般的なマナーなどです。それが獲得できると分かれば、受講者はそのつもりで研修を受けられます。獲得できることが明確になると、意識が高くなって習得率が上がります。他にポイントを絞ることで、受講者は深く理解することができるでしょう。研修内容が多いと、内容が薄くなってしまうことが多いです。それを防ぐために、ポイントを絞ることは有効です。より深く理解できると、記憶に残りやすくなる効果もあります。

時間内に学べるように工夫する

社員研修では期間が決まっているので、学べる時間を有効に使う必要があります。そう考えると、学べるように工夫して、習得できるようにすることが大事です。その時に有効な手段となるのが、実践することでしょう。模擬的に行うことで、そのスキルについて学べることが多いからです。また、研修で工夫をするなら、全員参加型の研修にすることも重要になります。座って学ぶより自分で考えて発言する行為の方が、効率的に学ぶことができます。研修に参加していないと聞き流すことができるので、理解度は低くなるのです。そうならないようにチェックポイントを作り、そこを越えないと次に進めないようにカリキュラムを作ります。ヒントを散りばめておき、考えれば進めるようにしておくのです。それであれば、時間内に終わるでしょう。

管理職研修とは、管理職としての心構えやリーダーシップ、人やリスクのマネジメント等について学ぶ研修です。現在ではコンサル会社がプログラムを用意する場合が多く、受講を登用の条件としている会社もあります。