必ず失敗する!コストダウンだけを重視してはいけない理由


通販と物流は切っても切れない

物を売るやり方は、従来は対面型がほとんどでした。実際にモノを見る、そしてその場で購入する、ということです。しかし、現在は雑誌やインターネットで見つけて気にいった商品を、その場で簡単に買うことができます。それでは、「モノ」はどうやって手元に来るのか?商品を実際に入手するためには物流サービスを利用する必要があるのです。そのため、通販サイトだけを立ち上げても、販売はできません。入金管理はもちろん、スムーズな物流が成功のカギとなります。

満足度は商品だけで決まるわけではない

商品に対する満足度、評価は、モノの良さや価格などが判断基準となります。店頭販売では、人的なサービスつまり印象・感情も満足度に大きく影響するでしょう。通販においては、物流も満足度に直結してくるものです。例えば「商品はよかったけど、届くのが遅い」「事前問い合わせて親切にしてもらったけど、結局間違ったものが届いた」など。このような場合、キャンセルされてしまったりあるはリピートしてもらえなかったりします。

物流の質を上げて満足度を上げる

物流コストを下げて、商品を安くしたり、あるいはその分でホームページを見やすくしたりする方が良い、と思うかもしれません。お客様が一番喜ぶのは「ほしいものが手元に届いた瞬間」なのです。ですから、そこで遅れや間違いがあったら、それまでのプラスはすべてマイナスに変わってしまいます。大事な商品を大事に扱ってくれる、スムーズに配送できるシステムが整っている、万が一の場合のフォロー体制ができている、といった物流システムは、ある程度コストをかけても十分元が取れると考えてよいでしょう。

通販物流とは、ネットショップや通販サイトに関する物流業務のことです。主な業務として在庫管理や発送、入荷や検品などが挙げられます。