中古パーツでパソコンを組み立てるための準備と組み立て時の注意点


ファンについている湿ったほこりは必ず除去する

中古のパーツのみを用いてパソコンを自作する場合はいろいろなことに注意しなければなりません。まず、ファンにほこりがついている場合は必ず拭き取りましょう。PCのパーツでファンがついているものとしては、CPUクーラー、ビデオカード、PCケース、電源などがあります。ファンには湿ったほこりが付着しやすく、放置していると回転に乱れが生じて異音の発生につながります。また、湿ったほこりがマザーボードに落ちて、それが原因でショートしてしまう可能性もゼロとはいえません。もちろん、ケース内部にほこりが付着している場合も、そういったものはすべて除去します。
パーツの清掃が終わったら組み立てに入るわけですが、冬場に注意したいのは静電気です。メモリをマザーボードのソケットに差し込む際、端子を触ってしまい、静電気で駄目にしてしまうことがあります。

パーツを接続するためのケーブルの向き

体内に帯電している静電気でパーツを駄目にしないようにするには、たとえば静電気防止手袋をはめるという手立てが有効です。また、手首にはめることで静電気を外部に逃がせるバンドを使うのもいいでしょう。
パーツをマザーボードに接続するためにはそれぞれ専用のケーブルを用いますが、その多くが差し込みの向きを間違えないように設計されています。ただ、電源のオンオフを表示する、あるいはハードディスクのアクセス状況を知らせるためのLEDについては、ケーブルの向きを間違えても差し込むことが可能なのできちんと確認することが必要です。しかし、向きを間違えてもただランプが点灯しないだけで故障することはありません。

プリント基板設計は人の手で最初に元となる設計を書けばよく、大量に同じ基盤を生産できる手軽さがあります。その分安く製品を仕上げる事ができるので便利です。