自営業を始めるにはどうしたらいいの?始める方法をご紹介!


必要なスキルを取得しておこう

自営業を始めるのであれば必要なスキルを取得しておく方が良いです。スキルがあれば、開業してすぐに活かせることも多くなりますからね。簡単なものから難しいものまで、仕事内容によってもさまざまです。例えば飲食店を始める場合料理のスキルはもちろん、食品衛生に関する資格が必要になります。特に飲食店は口に入れるものを扱うわけですから、衛生面は注意が必要ですよね。例え必要のないことでもスキルがあるとお店の信頼性にもつながります。取得しておいて損はないです。

資金を確保しておこう

自営業を始めるには、資金が必要です。どの自営業にも言えることですが、軌道に乗るまでは収入が安定しないこともあります。そのためある程度、資金確保しておくことは大切です。貯金がなければ、金融機関から借りることもできますし、場合によってはクラウドファンディングで調達することもできますよ。クラウドファンディングであれば、銀行に断られてしまったという方でも資金調達できる場合があります。さまざまな方法がありますから、自分に合ったものを選択すると良いでしょう。

開業書類を提出しよう

自営業を始めるために必要な書類は3つあります。一つ目は個人事業主の開廃業届出書で、これは開業届けに当たります。開業してから1ヶ月以内に提出しないといけない書類ですから、忘れないように注意が必要です。二つ目は青色申告承認申請書で確定申告の時に必要となる書類です。青色と白色の二種類があるのですが、本格的に働く場合、税金面を考慮すると青色の方が有利といえます。三つ目は個人事業開始申請書で、事業税や住民税の申告に使います。自営業には、国税だけでなく事業税が課せられます。忘れることの無いように注意が必要です。

フランチャイズとは、商品やサービス等を一方が開発提供し、もう一方がそれを元に営業活動をし開発者にマージンを支払う事業契約です。飲食店等に多く見られます。